blog

2019/10/08 15:38

今回は、照明専門店Lampada(らんぱだ)で人気の高い「和の照明(日本の照明)」シリーズができるまでをご紹介します。


オリジナルの「和の照明」は 全行程すべて国内での手作り。
静岡の職人が 木を裁断し、一つ一つ組み上げています。

和紙部分はすべて強化和紙「ワーロン」を使用しており、破れにくく 耐久性が高いのも特長です。




まずは、数か月をかけじっくりと乾燥させた木材を「傾斜盤」と呼ばれる機械を使い、各パーツに加工していきます。


仕上げ(自動かんな)をかけながら、後に木枠を組み上げる際にパーツがぴったり噛み合うよう、幅を調えたり、長さを揃えたり、溝をついたり、パズルのような複雑な形のパーツを この機械一つで正確に作り上げていきます。
削る歯の厚み、角度、高さなどを何度も微調整しながら行う、最も工程の多い作業です。








削りだしたパーツを 一本一本手作業で 表面を調えながら 照明の枠の形に組み上げていきます。少しの狂いが全体の歪みにつながるため、作業は慎重に かつ手早く行っていきます。







出来上がった枠(以下 シェード)のうち 塗り仕上げのものは、「塗師(ぬし)」さんの工場で丁寧に塗りをかけられます。(「照明の仕上げについて」参照)






シェードに強化和紙「ワーロン」を貼ります。専用の接着剤を塗り、ワーロンをしっかり押さえながら貼っていきます。





こうしてシェードが完成。表面を調え 最終チェックを経て、照明部品を取り付けます。
照明部品も一つずつ手作業で取付け、再度シェードのチェックや点灯試験を経て、商品の発送となります。


ひとつひとつのパーツも、細部までこだわって仕上げることにより美しい佇まいの照明になります。



今回製作している商品はこちら。

カラフルな和紙のタイプ。




シンプルな白和紙のみのタイプはこちらです。





和の照明は、「Aシリーズ」「APシリーズ」のふたつのシリーズがあります。

「Aシリーズ」は、和のスタンド照明。


  





「APシリーズ」は、和のペンダント照明です。


  



他にも「和の照明」がたくさんあるので、ぜひネットショップをご覧ください。





Lampada(らんぱだ)は 創業70年の照明器具メーカー新洋電気(株) 直営のセレクトショップ。
.
「おうちが心身の元気をチャージできる場所になるように」
手づくりの温もりを感じる約300点の照明を中心に、インテリア雑貨、フェアトレード雑貨や食品、体に優しい生活用品など、国もジャンルも違うユニークなものをいろいろ揃えています。



Lampada(らんぱだ)では、この他にも雰囲気の違う様々な照明を200点以上販売中!

照明に関するお問い合わせも受け付けていますので、迷ったら、いつでもご相談くださいね。




お店の詳細はこちらから
[HP]  [Instagram]  [Twitter]  [Facebook]